###welcome.gif
小さな貧しい国 大きく豊かな心
2015.05.23 Saturday 17:17
JUGEMテーマ:ネパール
150522b0.jpg

ご報告が遅くなって申し訳ありません。
5月3日〜9日に行ったセールでの売り上げ金の1割を
ネパールに寄付してご報告するお約束でした。

150522b.jpg
5月11日朝7時頃の集計の画像です。
全部で635,226円の売り上げをいただきました。
本当にありがとうございます。 <(_ _)>

1割の63,530円、
そしてご寄付も別途いただきました。
北海道のAIさまから3,500円、
岡山のYTさまから1,000円、
そして北海道の男前氏より
なんと10万円のご寄付をお預かりしました。
ンも、びっくりです。

総額168,030円に
花が個人で6,287円を足して
合計$1400、
174,317円を5月12日に
ネパールのオーナーに送りました。

150522b1 (27).jpg


送る前にオーナーに質問しました。
寄付を$1000送ったら、
あなたは何に使うか?って。

すると彼はまず、
彫物工房のオーナーの家が壊れてしまい
彼らの仕事にならないので
その修理に使いたい、といいました。
修理代は約$3000必要だそうです。

150522b1 (4).jpg

150522b1 (5).jpg

しかしオーナーの取引先が他にも寄付してくれるので
Team Lacasa Kathmanduでも使いたい、と。
彼らはカトマンドゥでも若い経営者などの集団です。
初めは自分たちの家も壊れかけているのに
自腹で食糧や水、薬品などを購入し
特に都市部の周りの貧しい村々を自分たちの車で
配って回っていました。

150522b1 (2).jpg

150522b1 (19).jpg

150522b1 (17).jpg




ほとんどの寄付金が政府で止まったままやそうです。
ようやく援助物資は回ってきたそうですが…
そんな政府に怒った彼らは
彼らの世界中の顧客たちに呼びかけ
寄付を募りました。

ネパールの首都カトマンドゥの中心部、
政治家たちが自分らの拠点だけは
もの凄い速さで復興したそうです。

しかしちょっと市外に出ると
食べ物も無い
家も壊れ
いまだに続く大きな余震に
もうネパールは終わりだ…と怯え嘆く人々が。

そんな人たちに彼らは自分たちの仕事もしながら
チームを組んで
手の空いているものが
次々とあちこちに出かけ
物資を配って回ります。

150522b1 (16).jpg

全部を彫物工房1件に寄付するわけにはいきません。
確かにそこには働いている人々がいますから
早く建物を直してあげないと
仕事をすることもできない。

だから$500をその工房オーナーに寄付して、
$1400送るので、Paypalの手数料を差し引いた
残りの金額を全部Team Lacasa Kathmanduで
使って欲しいと言って、送りました。


ちょうど彼らが大々的に寄付を募っている時でした。

150522b1 (1).jpg

彼らが頑張って食糧などは配っていますが
ネパールの人々の家の多くは崩壊しました。
先日オーナーに聞いたところ
この地震と余震で亡くなった方々は8000人を超え
まだ増え続けています。

ほとんどが建物の下敷きになってお亡くなりになられたそうです。
そして二次災害、
劣悪な環境に依る疲れや流行り病、、、

150522b1 (7).jpg

日本の報道では
花は6000人の被害者…辺りまでは聞いていました。
しかし今ではほとんど報道がありません。
まだ、増え続けています。

150522b1 (8).jpg


ネパリーゼたちはビニールシートなどで雨や風をしのいでいますが
そのビニールシートも質のせいか
半月ほどしかもたないそうです。

150522b1 (6).jpg

150522b1 (14).jpg

こんなテントのようなものがある人はまだええほうで…


150522b1 (12).jpg

150522b1 (21).jpg

150522b1 (22).jpg

こんなビニールシートの中で
この子たちは身を寄せ合って
もちろん身体を洗うこともできずに過ごしています。

150522b1 (23).jpg

150522b1 (24).jpg


このビニールシート暮らしが
どれほどネパリーゼたちの体力を奪うか
彼らも限界に近づいています。


そんな状態もなんとかしなければと
Team Lacasa Kathmanduは
プレハブなどを作るための
トタンを大量に購入して配布を始めています。

150522b3a.jpg

150522b1 (26).jpg

このトタンで仮住まいができれば
少なくともビニールシートよりは
過ごしやすくなります…

150522b3 (3).jpg

150523b11c.jpg


12日にネパールに送金して、
換金に数日掛かります。
そして先日、ようやくオーナーが
Team Lacasa Kathmanduのメンバーに
手渡してくれました。

150522b1a.jpg

そしてLacasa Kathmanduのページにも
小さくですが世界からの寄付の1人として
facebookに…

150522b1b.jpg

寄付金はネパリーゼたちが住む家の
トタンの一部になっているかもしれません。^^
彼らは少ない人数ですが
できる限りを回って
身体を使って自分の国のために働いています。

150523b1.jpg

150523b1a.jpg

150523b1b.jpg


オーナーたちの許可をいただいて写真を掲載しています。


もちろんまだ
食糧や水や薬品を必要としている人たちも
たくさんいます。

政府は一体何をしているんでしょうか。

先日、海外からのヘリコプターで
救援物資などを運んでいると
どこかで読みましたが


150522b3 (1).jpg

Ready to move tomorrow ―明日動く準備

国は小さく貧しくても
人々は大きく豊かな『心』を持っています。
彼らは今日も頑張っています。

150522b3 (2).jpg




余震の中でも糸を紡ぎ続けるおばあさん


150522bL.jpg


 
3
Comment
name:
email:
url:
comments:
Search
Profile

Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment



Admin







Mam&Dadショップページ
バナーです^^↓
01409TOP-blog.jpg ココをクリックすると
お店にリンクします


趣味の石コレクションノートはこちらです。 チューリップピンクダウンダウンダウンチューリップピンク http://ameblo.jp/hana-lovestone #ameblo.jpg



Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
ラフィア大好き!


↑このバナーは
「ラフィア大好き!」への
コミュ直行便です^^



ペットショップで
お金で命を買うよりも
今消えようとしている命を
救ってくださいませんか?

いつでも里親募集