###welcome.gif
宝石の色 ―青いスピネル
2019.06.22 Saturday 15:15

ブログを書く前に・・・

先日6月18日夜22:26、

新潟、山形で大きな地震がありました。

お住まいにより震度6強も揺れたとか。

 

知人もいますが、

東北にお住まいのお客さまが多くて。

よほどメールでお伺いしようかと思いましたが

ただでさえ大変な時、

きっとたくさんお電話やメールを受けてはるやろなぁ、と。

 

じーっとガマンしていました。

ニュースをしょっちゅう見ては

被害にあった方などの確認して。

花が見た中では見つからなくて少し安堵。

 

でもニュースにはならなくても

揺れで食器棚や、或いはお家など

被害に遭われた方もいてはるかもしれません。

幸運にも被害が全く無くても

怖い思いをされたんやないかな、って思います。

 

今晩で丸4日になります。

どうか皆さまがご無事でお元気でいらっしゃいますように。

心からお祈りしています。

 

*************************************

 

190622b0.jpg

 

さて、お題の「宝石の色」。

今回はお客さまからヘルデライトと一緒に

ブルースピネルはないかとお問い合わせをいただきました。

メールで簡単に説明をさせてもろたのですが

ブログにも書いておこうかな、と思いました。

 

出してなくて手元にあるファセットルース、

結構あるんです^^💧

んで、ブルースピネルもありました。

ホンマにブルースピネルなんですよー(笑)

190622b3.jpg

 

スピネルの赤と青は価値が高いです。

他の色よりかなり高額になります。

なのであまり青くなくても

「ブルースピネル」って販売されていることも多々。

本物はこうして「ブルー」が記載されます。

 

鑑別で色の基準ってあるんですね。

その基準はよくわからないんですが

結構、鑑別する機関によって、ちゃうんです。

かな〜りいい加減なところ、多いです。

 

そしてスピネルの合成石の多さ!

最近では堂々と「合成石」って販売してるのも、多い。

まだちゃんと書いているお店はマシです。

まぁ、数千円でブルースピネルってあったら

まず合成やないかと疑ってください。

 

 

そして産地によってもかなりお値段が変わります。

ブルースピネルは最近はほとんどがスリランカ産です。

これがベトナム産やとお値段が倍〜3倍くらいに。

質がええんですよね。

ちなみにこの子でベトナム産のVVS、

しかもマスターカットの子でした。

終活気分で断捨離価格にさせていただきました^^

 

全部ではないですが

割とスリランカ産は緑がかっている子が多いようです。

青いというよりも、碧いって感じかな。

 

 

ちなみに宝石の色って

ホンマにビミョ〜なコトが多い。

特にルビーとサファイア。

同じコランダムやけど、

赤色と認められた子だけがルビーと呼ばれます。

 

コランダムで

ルビー以外は全部、サファイア。

サファイアは青色、とちゃいます。

赤色以外全部が、サファイア。

 

そしてこの赤色の基準が重要。

これが難しいんですよね。

これ、絶対ピンクっしょ?っていう子が

「ルビー」って販売されてたりします。

190622b1a1.jpg

 

ルビーの赤色はクロムが起因です。

そしてこのクロムが含まれる割合。

1%前後であれば「ルビー」と鑑別されます。

 

何%が基準なのかまでよくわからないんですが

例えば0.1%くらいしか入ってないと

ピンク色になります。

これはルビーとは呼べません。

ピンク色のサファイア、です。

 

逆に多くて5%とかやと

エメリーと呼ばれる灰色のサファイアになり

価値はゼロに近くなります。

研磨用材とかに使われたり・・・

 

サファイアにクロムが含まれる自体珍しいのに

さらにその量まで決まっていて。

だからルビーはルビーであるだけで貴重なんですよね。

まぁ、ほとんどが加熱されて色を濃くされていますが。

190622b1a.jpg

 

コランダムだけは加熱かどうか検査できます。

(他の石はできません)

でもその検査代がべらぼうにお高いんですよね。

去年、検査代が値上げする前の中央宝研さんでも

非加熱検査だけで15000円くらいやったかなぁ。

よほど非加熱や、て自信がないと検査もできません。

もし非加熱ちゃうかったら泣くにも泣けん、、、orz

 

 

 

さて、ブルースピネルと言えば

お店にコバルトスピネルがあります。

めっちゃお高いです。

でもこの子はスリランカ産なのでこの程度。

 

スリランカ産のコバルトスピネルは

質にもよるけど0.3ctで10万円前後。

そして市場で1ctを超える子は滅多に見掛けません。

この子はなんと3.030ct…3カラット越え、です。

190622b4.jpg

単純に10倍しても100万円越えますが

この大きさになるとさらに価値が。

ホンマはもっとお高い値段にせなアカンのですが

88万円に抑えました。

 

でもね、もしベトナム産やったら

大体0.1ctで10万円くらいになるんです。

滅多に売られていませんが。

だってベトナム産の方が綺麗な青色。

 

190622b4H.jpg

そしてこの子、

ベトナム産とちゃうん?

って思うほど綺麗な青色です。

スリランカ産と思われへん

見事なコバルトブルー。

 

「コバルトスピネル」って

本名ではなく、通称です。

お店の詳細にも書いてますが

鑑別書の左半分には

190622b4a.jpg

宝石名は「ブルースピネル」です。

 

だいぶ前にもブログで書いてた気がするけど

コバルトスピネルと鑑別されるには

コバルトと鉄の含有が必須です。

それが鑑別書の右半分に記載されています。

190622b4a1.jpg

コバルトバンド、

アイアン(鉄)バンド、

これらが認められないと

コバルトスピネルではありません。

 

この検査代もめちゃくちゃお高いです。

非加熱検査代と同じくらい。

だけど鑑別書がなければ、不安。

無しで「コバルトスピネル」と販売するなんて

逆に怖くてできへんわ、、、

(検査代は価格に計算していません)

 

 

コバルトスピネルは当然やけど

ブルースピネルもルビーも鑑別してないと。

自分が安心して販売できる子でないと

やっぱアカンでしょ、

そないに思うワケです・・・

 

 

 

あ、そうそう、

何件かのお問い合わせをいただいて

書き直しや、マーリナイトの追加など

前回の在庫メニューブログに

2回、追記をしました。

 

他にも書ききれないほど

今回のブルースピネルのように

持っている在庫、結構あります。

特に希少石のファセットルース類とか。

 

無い場合がほとんどかも、ですが

なにか探している子がいたら

試しにお問い合わせください^^

 

 

 

190622b4L.jpg

 

 

 

 

よろしければクリックしてやってくださいおねがい

チューリップピンクダウンダウンダウンチューリップピンク

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ
にほんブログ村

 

 

 

0
    ←back 1/76 pages next→
    Search
    Profile

    Category
    Archive
    Latest Entry
    Recent Comment



    Admin







    Mam&Dadショップページ
    バナーです^^↓
    01409TOP-blog.jpg ココをクリックすると
    お店にリンクします


    趣味の石コレクションノートはこちらです。 チューリップピンクダウンダウンダウンチューリップピンク http://ameblo.jp/hana-lovestone #ameblo.jpg



    Mobile
    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    ラフィア大好き!


    ↑このバナーは
    「ラフィア大好き!」への
    コミュ直行便です^^



    ペットショップで
    お金で命を買うよりも
    今消えようとしている命を
    救ってくださいませんか?

    いつでも里親募集