###welcome.gif
Last GIBEON ーウィドマンシュテッテンとノイマンバンド 追記4あり
2020.06.20 Saturday 15:15

 

この子が本物のギベオンです。

親子2代で国際隕石協会の会員、

コレクターとしても有名なオーナーから

貰った画像です。

 

以前、このブログで

ギベオンはオーナーのところにもあと僅かで

残りをちびちびとウーツ鋼で

ぶ厚く加工する量しか無いと書きました。

 

たまたま国際隕石協会で

他の会員さんが小振りなこの子を

放出してくれはったそうです。

実際200g弱の小さな子やとか。

 

他のお馴染みの顧客さんたちと共に

花にも「要るかい?」と聞いてくれました。

即答でしたよー 😊

 

「もちろん! 喜んで!💕」

 

 

もうアッという間に

他の方にかなり買われてましたが

半分近くは手に入れることができました。

まずはカボションやペンダントたち。

下のしずく型と丸い子は

先にオーナーがアクセサリー用にと

加工してた子達です。

その方が売れやすいと思いはったんかな。

 

しやからしずく型の子は極薄。

ウーツ鋼でコーティングするつもりやったのか

1枚0.5g前後、です。

サイズは1cm君でご参考ください。

これならピアスでもできそうです^^

 

丸い子は1つ1.7g前後です。

指輪やブレスレットにいいと思います。

金属加工のオーナーとお知り合いになれたので

今回はカボションでほとんど購入しました。

 

指輪とかペンダントトップも

シルバー925の基礎のパーツを仕入れて

それに合わせてカボションを作り

販売してはるのでお高くなるんですよね。

オーナーも楽して売れるので嬉しそう ウインク

 

加工したリングもお店に少し残ってますが

多分日本でリングに加工してもろた方が

お安くて良い品ができると思います。

サイズもデザインも自由ですし

なんと言うてもMade in Japanです グッド!

 

細長いペンダントトップは

以前1つあった子がムオニオナルスタやけど

今でもウォッチ数がすごく多いんです。

んで、2つ作ってくれるよう依頼しました。

 

お値段は2倍以上になりますが

ムオニオナルスタよりも1g以上重いです。

できるだけお安く販売したいと考えてます。

 

ただ、上の写真のように

錆びたような色の部分が多いんですね。

でもこれ、依頼して作ってもろたばかり。

できたてホヤホヤです。

錆びるには早すぎる。

 

それでふと思いつきました。

これ錆びやなくて素のギベオンちゃうん?て。

もしくはそこに違う成分があって

エッチングで銀色にならなかった?

 

ギベオンなどの鉄隕石はエッチングをします。

そのエッチングで錆止め効果もあります。

そしてエッチングの後、磨きます。

エッチングで銀色になった部分が薄かったか

磨いて表面が出てしもたんちゃうん?

 

 

んで、今回は多分最後のギベオン、

Last GIBEONやろうと思って。

そりゃまた流出モノがあればええんですが

まず、期待はできないし。

 

残りの欠片でも何でも、全部買いたい

そうお願いしたんです。

そして、この子たちを譲ってもらいました。

 

オーナーが全部エッチングしてくれてます。

そうそう、オーナーのエッチング液の比率は

硝酸が約8〜10%で、

残りはエチルアルコールやそうです。

 

硝酸は強い酸ですのでコワイです。

もし作ってエッチングできたとしても

その後の処理が大変です。

強酸やし下水道管が傷むから処理に困ります。

自分でしようと思わないでくださいね。

 

 

上の子達の中にも

ギベオンの内部が見える子が

たくさんいました。

それでまた初めて思ったんですが・・・

これ、おかしいやん?

 

花は今まで、これはエッチングした後に

割れたものやと思ってました。

しかし、これでは多すぎる。

この子たちは全部、同じ1つの

小さなギベオン塊から生まれてきたんです。

 

それで考えました。

割れた子もあるでしょうが、

多くはギベオン隕石の

「表面」やないかな、と。

 

1番初めの子を横から撮った写真です。

この形を無駄なく使おうと思ったら

1番の問題は表面の凸凹です。

薄い部分を使ったのが、

あの薄いしずく型やったのかも。

 

そして端の方、表面が残ったら。

表面はエッチング液につけても

銀色にならへんのとちゃうかな?

まぁエッチングした後に「磨き」をしないと

ウィドマンシュテッテン模様は出ない。

 

本来ギベオンは鉄隕石なので

錆びてるか他の鉱物が混じってなきゃ

こんな色ではないやろし。

 

つまり赤っぽい部分はエッチングしても

銀色にならないということか。

そっか、錆びかもしくはほかの鉱物が

エッチングから防いでるのか。

 

そう考えると

茶色の部分にところどころ銀色が見えてるし。

切り口周辺は銀色になってるし。

 

これはやっぱギベオンの表面、

そないに思って間違いない気がします。

錆びの少ない部分や

表面が削れた部分は銀色になる?

こんな凸凹やったら磨きもかけられへんしね。

 

そう思ったらこの子たちが

さらに愛おしく思えてきました。

花が原石好きやからかも、ですが。

 

特に本物の少ないギベオンです。

たとえ本物でも中身を加工したものばかり。

隕石の表面なんて滅多にあるものやナイです。

「内部」やと思ってたのが「表面」やった。

これって隕石好きにもラッキーやないですか?

 

花はその方が好きです!💗

 

あ、茶色部分がテカテカして見えるのは

オーナーが透明のアクリルコーティング剤を

かけてくれてるから、みたいです。

 

 

そしてお題にも書きましたが

Last GIBEON

ーウィドマンシュテッテンとノイマンバンド

そのノイマンバンドについて。

実は今回の子たちでおもしろい子がいました。

模様がギベオンと違うように見えませんか。

でも同じ1つのギベオンからできた子たち。

間違いなくギベオンなのに

ギベオンらしい模様が、無い?

ウィドマンシュテッテン模様が・・・

 

いや、端っこに少し見えてます。

左の半分はウィドマンシュテッテンみたい?

でも、うねっているように見えます。

 

それで花が色々考えたコト、書いてみます。

 

・・・いつも長くてすみませんねぇ・・・ ポロリ

 

 

まず、隕鉄についてですが

鉄隕石、ですよね。

でも全部にウィドマンシュテッテン模様が

出るワケではないんです。

一部ですが出ない隕鉄もあります。

 

ウィドマンシュテッテン模様が出る条件、

それは鉄の中のニッケル含有量です。

6〜17%の含有率が模様が出る条件です。

その内でニッケルが多い部分が「テーナイト」

少ない部分が「カマサイト」と呼ばれます。

 

カマサイトとテーナイトが混在して

カマサイトがオクタヘドライトと呼ばれる

正八面体に成長し

ウィドマンシュテッテン模様が出ます。

 

鉄隕石は落下した後、冷めて固まります。

その冷却期間がギベオンでは約100万年ほど、

そう言われています。

そのわからへんほど長い時間で冷めて固まって

ニッケルが結晶化して分離しました。

 

「6〜17%」

これが黄金比率になるワケです。

多くの隕鉄はこれにあてはまります。

 

6月21日11:15 追記

6〜17%の比率は文献によって違います。

念のためあちこち確認してたのですが

最小4から最大18くらいの間で

違う数字が見受けられます。

どれが正解なのかはわかりません。

若干の差があることをご理解ください。

 

ところが一部にニッケル含有量が

これより多い隕鉄があり

それらは「アタキサイト」と呼ばれ

ウィドマンシュテッテン模様は出ません。

 

そして6%未満と、少ない場合は

テーナイトができないので

ウィドマンシュテッテン模様にはなりません。

絹糸のように細い平行線模様になります。

それが「ノイマンバンド」と呼ばれます。

 

 

上の2つ、特に右側の長方形の子は

まさにそんな感じに見えませんか?

多分、ノイマンバンドやと思います。

もちろんウィドマンシュテッテン模様と同じ

隕鉄の証明になるエッチングで出る模様です。

 

実はかなりググったんですが

ノイマンバンドは画像が見つからなくて。

でもあるところで

「傷のような非常に細かい平行線の集まり」

って説明があったので、そうやと思います。

 

6月21日 追記

海外サイトをググっていて

やっと2枚の画像を見つけました。

英語版wikipediaと・・・あと何か忘れた^^💧

ノイマンラインとも言うそうです。

貼っておきますね。

 

どうやらノイマンバンドで間違いなさそう^^

 

 

 

ギベオンらしい模様の子、

上の画像の左側、うねるような模様の子、

そして右のノイマンバンドらしい子、

それぞれをビデオで撮ってみました。

 

ウィドマンシュテッテン模様は

固定された輝きの模様ではなく

角度によって光る部分が変わります。

ノイマンバンドらしい輝きは絹のようです。

見惚れるほど美しいので是非ご覧ください。

 

最後の光り方がと〜ってもキレイです^^

 

3つ目は上部にウィドマンシュテッテンっぽいのが見えてますね。

今回ピンボケもマシやったので喜んでます。

2番目がちょっとボヤけてますが

よければ大きな画面で見てやってください。

 

意外と本物の光り方を

見たことナイ方多いので。

へー、こんな光り方なんだーって

思われる方もいらっしゃると思います。

偽物のテカテカの光りとは全然ちゃいますよ✨

 

 

100万年もの時間で冷めて固まったギベオン。

部分的にニッケル量が違うのは当たり前です。

違うからテーナイトとカマサイトがあるし

もちろん17%を超えて模様の無い部分や

6%未満でノイマンバンドの部分も。

 

このギベオンにも

模様が出ていない部分があります。

そこが17%より多いアタキサイトなのかも。

部分によって成分の偏りができても

何の不思議もないです。

 

実際テーナイトとカマサイトが混在するんですから。

 

うねりは冷却期間中に地殻変動とか、

恐竜に踏まれたとか

(ギベオンが落ちたのは4億5千年前と言われ

その時代に恐竜はいない^^)

まぁとにかく何かの理由で

圧力がかかってピーターサイトのように

うねる部分ができたんやないでしょか。

全部花の推測ですけど。

 

多分合うてる気がする ラッキー

 

 

 

パラサイト隕石探してこられる方も多くて。

でも以前も書いたように前回でオーナーから

最後のセイムチャンはシデライトを除いて

全部購入してしまいました。

今お店にある限りです、すみません🙇

 

その時のセイムチャンもお高いと思ったケド

パラサイト隕石でオーナーのとこにあるのは

今は「イミラック」だけで。

またこれがブッ高いんですわ 滝汗

 

仕入れ値が今販売してるセイムチャンの

販売してるお値段くらい😨

お店で売るなら小さくてもン十万円・・・💦

 

また綺麗な隕石が落ちてきてくれるのを

待ってなあきませんねー(笑)

宇宙のペリドットちゃん、

団体さんでいらしてくださーい☄🌠☆彡

 

 

6月23日11:15 追記

なぜこんなにイミラックが高いのか?

セイムチャン隕石の総量が約380Kgなのに

イミラックは26t(トン)ともいわれています。

ほなイミラックの方がお安いハズですが

落下地点のナミビア共和国で

持ち出しを禁止しているためです。

禁止しているというてもどこからかは

少しづつ流出しているのが

お高く販売されているんでしょうね^^💧

 

 

 

あ、2つだけムオニオナルスタも

一緒に仕入れています。

この子ももう残り少ないし。

綺麗な子がいたらゲットしておきたくて。

ウィドマンシュテッテン模様の中で

最も美しいと言われるムオニオナルスタ。

うん、やっぱりキレイやと思います。

なんというか模様がちょっとちゃうんです。

 

ギベオンの模様は菱形や台形のイメージかな。

ムオニオナルスタは六角形や*って感じ。

個人的意見でありますっ (* ̄  ̄*)ゞ

 

上のムオニオナルスタのスラブーカボション、

これもビデオで撮ってみました。

綺麗な子なので見てやってください^^

 

「最も美しい」は伊達じゃないですね。

ホンマに細かい銀細工のような美しさ。

角度で輝く場所が入れ替わっていく不思議。

これが天然の隕石を

エッチングして磨いてできるんやから。

 

下のように写真で輝きを残しても

これは全部の輝きのほんの一部なんやって

わかっていただけると思います。

隕鉄の、ウィドマンシュテッテン模様の

本当の魅力は写真では伝わらない。

抽象画みたいにも見える 😑💧

 

今回はオーナーのお陰で

ギベオンから隕鉄の魅力を

あらためて教えてもらいました。

そしてまたよほどのラッキーが無い限り

もうギベオンはこれで最後やって。

 

偶然でもまた手に入ったのがラッキーなんかな。

 

 

そしてノイマンバンドも見ることができて。

いろんなお勉強ができました。

オーナーが原石の写真を

撮っておいてくれたのも嬉しい おねがい

 

今回のギベオンちゃんたちは

こんな姿やったんや

この子から生まれた兄弟姉妹なんや、って

わかるのが嬉しい ラブラブ

 

 

あぁ、お店に出せてない在庫が

まだ山ほどあるのに

また増えてしもたけれど 😭

この子たちに会えて、良かった。

 

 

 

6月23日11:45 追記

隕石の鑑別はしていないのかと

ご質問をいただきましたが

以前にも書いた通り中央宝研さんでは

隕石の鑑別は受けていただけません。

 

隕鉄は鉄やニッケルが混じってますし

パラサイト隕石はペリドットや鉄など

1種類の鉱物ではないため、

それが大きな理由の1つです。

 

もしどこかで中央宝研さんの

隕石を鑑別したソーティングメモや鑑別書を

見かけはったら教えてください。

それネタにして花も調べてくれるように

お願いしたいと思います(笑)

 

 

 

よろしければクリックしてやってくださいおねがい

チューリップピンクダウンダウンダウンチューリップピンク

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ

 

 

0
    ←back 1/86 pages next→
    Search
    Profile

    Category
    Archive
    Latest Entry
    Recent Comment



    アクセスカウンター

    現在の閲覧者数:



    Admin







    Mam&Dadショップページ
    バナーです^^↓
    01409TOP-blog.jpg ココをクリックすると
    お店にリンクします


    趣味の石コレクションノートはこちらです。 チューリップピンクダウンダウンダウンチューリップピンク http://ameblo.jp/hana-lovestone #ameblo.jpg



    Mobile
    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    ラフィア大好き!


    ↑このバナーは
    「ラフィア大好き!」への
    コミュ直行便です^^



    ペットショップで
    お金で命を買うよりも
    今消えようとしている命を
    救ってくださいませんか?

    いつでも里親募集